にんにくは万能の回復薬

ニンニクが健康に良いという話はよく聞きます。では、ニンニクにはどのような効果が期待できるのでしょうか。その一つは疲労回復効果です。

ニンニクの疲労回復効果の秘密は、ビタミンB1にあります。ビタミンB群が不足してしまうとエネルギー代謝が上手くいかなくなり、エネルギー不足に陥ってしまいますから、当然身体が疲れやすくなります。中でも特にビタミンB1はエネルギー代謝において非常に重要な栄養素です。

玄米や豚肉、椎茸、そら豆などに豊富に含まれていますが、一度にそれらを大量に食べたとしても一度に吸収されるのは10mg程度で、あとは尿から排出されてしまいます。ビタミンB1それほど体内への吸収が悪い栄養素なのです。これでは疲労回復どころではありません。

そこで活躍するのがニンニクです。ニンニクに含まれる「アリシン」という物質には、ビタミンB1を体内に摂り入れやすくする効果があります。デリケートなビタミンB1と結合したアリシンは、「アリチアミン」という物質を形成します。この両者の結びつきによって、ビタミンB1は油に溶ける性質を獲得し、速やかに腸から吸収されて体内に入っていくようになるのです。

つまり、ビタミンB1がその本来の効果を発揮するためには、アリシンが必要なのです。ビタミンB1とアリシンを一緒に摂ることによって、はじめて疲労回復効果も発揮されるようになります。

ですから、普段の食生活においても、ビタミンB1が豊富な食材をニンニクと一緒に食べることを心がけましょう。疲労回復効果はさらに大きくなります。

マッサージでリフレッシュ!

体が非常に疲れているとき、働きづめになっていたとき又は精神的に苦痛を感じるときなど本当に辛いものはありません。その時に栄養をたくさんとったり睡眠をしっかりとって何とか疲労回復させようとを考える人がいますが、それでもなおかつなかなか疲労回復につながらないことが多いようです。

そのとき一時的に少しはマシになったとしても、やはりしばらくすると以前の疲れが残っていたりで場合によってはその疲れがずっと蓄積されていて、やがてには体が動かなくなったり重い病気にかかったりするので注意が必要です。

では疲労回復するためには、どんな手段が必要なのでしょうか。その最も効果的な方法がマッサージだと考えます。マッサージ器を使ってほぐしてもらう方法でも良いですし、整体師にしてもらうのもよいのです。どんな形でも構わないので体をほぐすという作業が大切となってきます。

疲労回復させるためには外部から筋肉を刺激することによって、中に溜まっている乳酸をとったりもしくはこり固まっている筋肉をほぐしてやることで従来の動きができるようになればそれだけ疲労が回復され、リフレッシュ効果があるということになります。ですので疲労回復のためにマッサージを行うのは本当に有効で 、定期的に体を動かすことによりまた外部から刺激を与えることにより疲れを中に残さないようにすることと、疲れを中にたまらないようにするためにもマッサージは必要なのです。

体が疲れる前に健康な状態からマッサージを受けておくことが本当に大切だという事は披露が限界にきたときにとてもよく感じるものですので、是非日ごろから取り込むようにしましょう。

ビタミンCが効果のある理由

疲れた時には疲労回復のためにレモンなどを積極的に食べてビタミンCを摂取しよう!とよく言われますが、どうして疲労回復にはビタミンCが効果的なのでしょうか?それはビタミンCには優れた「抗酸化力」があるからです。

私たち人間の体は呼吸をして空気を吸い込むことで生命活動に必要な酸素を取り入れますが、この時体内では「活性酸素」という物質が作られます。この活性酸素は体内に侵入してきた最近やウイルスなどの外敵を攻撃し、体を守ってくれる重要な働きをしてくれますが、体の細胞を徐々に酸化させてしまう働きもあるのです。

体が酸化するというのは、イメージ的には鉄が錆びてボロボロになってしまう感じに良く似ています。蓄積された活性酸素によって疲労を感じたり、老化やガンといった症状を引き起こします。

この体の酸化を予防・改善してくれるのがビタミンCです。優れた抗酸化力を持っているため、活性酸素を除去して疲労回復効果を実感することが出来ます。また、ストレス緩和の効果も期待できるため、仕事や家事が忙しいといったストレスからくる精神的な疲労回復にも大変効果的です。なにより身近な野菜や果物などに豊富に含まれているため、手軽に疲労回復が出来るのが利点でしょう。

不規則な生活をおくっている人や、忙しくて自炊できないという人はサプリメントなどで意識的にビタミンCを摂取するのもオススメです。ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンで体の中に蓄積しておくことは出来ないため、疲労回復をしたい場合は一度に大量に摂取するのではなく、こまめに摂取するのがポイントです。

回復を促すツボ押し技法

運動不足とデスクワークが多い現代生活では疲労が蓄積しやすく、バランスの悪い食事や喫煙などの生活習慣の悪化が更に拍車をかけています。もともと体は動かして活性化する事で良好な状態を保つようにできていますがそれが難しい場合、ツボ押しは即効性がある上、時と場所を選ばず誰でもが簡単にできる疲労回復法です。

手の平や足の裏には疲労回復にきくツボが集中しています。自分の指でツボを押すのが力の調節がしやすいので便利ですが、難しい時には青竹踏みやその他のツボ押し用の商品を利用する方法もあります。画面を長時間見る事から生じる不調の疲労回復には首の付け根や耳の後ろ、こめかみなどのツボ押しが効果的です。

疲れからたまる乳酸を効果的に分解し、すっきりとさせるためには背中のツボを全体的に押すと疲労回復が早く、身体が軽くなります。素人の場合疲れの原因を特定する事は難しく、点で押しても効果があまり感じられないため技法のひとつとして、線でつなぐように押していき、経絡を刺激する方法があります。

この技法では全身のリンパの流れがよくなるため、身体の代謝が向上し疲労回復につながります。ツボを押す時には強めに押すのが重要なポイントです。親指が一番力が入りやすく、少し痛いくらいの力で瞬間的な刺激を与えた方が自然治癒力が高まります。できれば毎日少しずつ場所をずらして続けて行い、固まった体をほぐすためあわせてストレッチも行うとより効果的です。